大きなトラブル

hddの手違いです。

Communication Technology

この前ちょっとしたミスで大変な事になることでした。顧客のデータをかなり多く扱う会社に勤めているのですが10年経ったらデータは破棄することになっています。利便性を考えて紙でのデータはあまり取っておらずに重要なものだけにとどめ、殆どのデータはhddに保存しています。手違いがあり、処分するはずの10年前のhddと今年から使い始めたhddの形が同じだったため勘違いをしてしまったのです。最初に使うときにはフォーマットをしますが、それとデータが入ったものを勘違いしてしまいこれから10年間使うhddをフォーマットしてしまったのです。顔が青くなるなんていうほどではなく慌ててしまい、会社を辞めて謝るしかないと思いました。

修復してもらえて助かりました。

先輩から怒られたものの、どうにかして修復してもらう方法があるとのことでした。責任があるので私が調べて実行する役目があったのですが案外すぐに修復業者は見つかりました。フォーマットしただけではデータが残っている事が多いようなのです。 すぐに業者に電話して修復してもらうことにしたのですが通常は1週間ほどの時間が掛かります。それでは遅いので特急便というものを利用したのですが3日で帰ってきました。料金は通常では8000円ほどで特急便だと1万3000円ほどというのがそのお店の料金でした。 戻ってきたhddを調べるとごく1部のデータは消えていましたが、大多数のデータは修復されました。データは間違って消してしまわないのが一番ですが修復する事ができて安心しました。